Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mbcreate/ktc111.com/public_html/wp-content/themes/noel_tcd072/functions/menu.php on line 136

子宮筋腫・子宮内膜症・良性卵巣腫瘍

定期的な検診を心がけましょう

当院では診断、薬物療法および経過観察を行っております。少しでもおかしいと思ったら、まずはご相談ください。

このような症状やお悩みがある方はご相談ください

  • 月経量が多い
  • 月経期間が長い
  • 月経痛(生理痛)
  • 不正出血・おりもの異常
  • 腰痛(慢性骨盤痛)
  • 排便痛
  • 性交時の不快感(性交痛)
  • 不妊

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍で、小さいものも含めると30歳以上の女性の約30%にみられる比較的頻度の高い疾患です。子宮筋腫の原因は、エストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌量と関連性が指摘されています。筋腫の大きさやできる場所によって症状や治療が異なり、妊娠しにくい(不妊)・流産しやすい(習慣流産)などの症状が見られることもあります。
子宮筋腫の診断は、内診と超音波検査にて診断します。手術が必要な場合は、専門病院をご紹介いたします。

主な症状

月経痛(生理痛)、月経量が多い、月経期間が長い、月経以外の出血(不正出血)、腰痛、頻尿など

子宮内膜症

子宮内膜症は、20代から30代女性に発症することが多く、子宮内膜組織が本来あるべき子宮の内側以外の場所で発生する病気です。月経時に子宮の内側ではない場所に血液の塊ができてしまい、たまった血液が炎症や周囲の組織との癒着を引き起こすため、痛みや不妊の原因になると言われています。

主な症状

月経痛(生理痛)・月経とは関係の無い慢性的な腰痛・骨盤痛・排便痛・性交痛など

良性卵巣腫瘍

卵巣は親指の先ぐらいの大きさで、子宮の両脇に1つずつあります。この卵巣に腫瘍ができたものを卵巣腫瘍といい、多くは片側の卵巣に発生しますが両側に発生することもあります。卵巣腫瘍は大きく分けると良性、悪性、その中間の境界悪性に分類され、約90%が良性です。
子宮がん検診の際に、内診や超音波検査で発見されることが多く、腫瘍が小さいうちは自覚症状はほとんどありません。

婦人科

  1. 子宮がん・卵巣がん検診

    子宮がんや卵巣がんは、初期の場合、初期症状がほとんどないため、気づかないまま進行するケースも少なくありません。早期発見するこ…

  2. 月経異常・不正出血

    月経(生理)に関するお悩みには、月経前の体調不良(PMS/月経前症候群)・月経痛(月経困難症)、月経の出血量が多い、月経不順…

  3. 更年期障害

    閉経の前後5年間程度(約10年間)を更年期といい、女性ホルモンの分泌量が減少…

  4. 子宮筋腫・子宮内膜症・良性卵巣腫瘍

    当院では診断、薬物療法および経過観察を行っております。少しでもおかしいと思ったら、まずはご相談ください。

  5. おりもの異常・性感染症(STD)

    かゆみ、おりものの量やにおいが気になる、できものができたなどの症状やお悩みの…

  6. 避妊相談

    男性・女性ともに避妊ついて考える必要がありますが、実際に妊娠した場合、体の負…

  7. 低用量ピル

    ピルは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が配合さ…

  8. 緊急避妊ピル(アフターピル)

    緊急避妊ピルは「アフターピル」とも呼ばれています。避妊に失敗してしまったとき…